東京で鼻中隔延長術を受けてみた

どのような形の鼻にしたいのか

東京で鼻中隔延長術気になるブタ鼻を解消

鼻がコンプレックスどのような形の鼻にしたいのか美しい仕上がりにするための近道

東京にある美容クリニックではカウンセリングの際に自分の顔のコンプレックスを伝え、どのような形の鼻にしたいのかを念入りに話し合った上で仕上がりのシミュレーションを念入りに行いました。
医師からは施術の方法としてアプローチ法と呼ばれる鼻中隔軟骨に耳介軟骨、肋軟骨や鼻中隔軟骨を移植する方法を利用すると説明を受け、移植するために鼻腔内と鼻柱の切開を行い、広い術野を確保する必要があると画像を元に説明を受けました。
施術方法によっては鼻柱部分の石灰を加えないクローズ法というものもあるそうですが、鼻中隔という部分に歪みが存在していることが多く直視下ではこの歪みや左右への変異の原因部位の特定と認識を行うには、きちんと切開を行うオープン法のほうが優れていると説明を受けたので、仕上がりが不十分になるよりもきちんと綺麗に仕上げてほしいと思い、オープン法でお願いすることにしました。
オープン法なら医師が可能な限り修正を行った上で、高さや向きを細かく調節してくれるので、時間はかかりますが十分メリットはあると説明を聞いて判断しました。
また移植する部分ですが、鼻中隔軟骨か耳介軟骨、肋軟骨のうちから最もリスクが少なく傷跡も最小限で済ませられるか考えて、鼻中隔軟骨でお願いしました。
鼻からの採取なので別のところに採取部の傷を残す心配がないですし、担当した医師も問題はないと判断したのでそのまま進めることになりました。